古本とは。

古本(ふるほん)は、出版後に一度は誰かの手元に置かれた中古の本の呼称。

(雑誌などを含める場合もあります)。古書とも言います。新本新刊本)と対応した言葉。

本はその時代の文化の影響を強く記すものであり、歴史的な価値が出るものもある。古本屋(古書店)などを通じて、再び世に流通します。


古本に新刊にはない魅力を感じ取り、古本を専門に蒐集するマニアも存在し、大きな市場を形成しています(絶版となってしまい、古本でしか手に入らない書籍も多いのである)。

神保町の古書店街には、百数十軒もの古本屋が散在し、世界最大の古書店街となっています。


ここにちょっと目をつけてみませんか。

自分ではもう価値のない古本でも、ほかの人から見れば、お宝本だったりするんです。

古本転売
せどり)で、あなたも収入を得てみませんか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。